内科・循環器内科・呼吸器内科・アレルギー科
おやま内科クリニック

〒224-0032
横浜市都筑区茅ヶ崎中央19‐1
タウンスクエア2F

Menu

不整脈のダウジングマシーン?イベントレコーダー

一般的に行なわれている24時間ホルター心電図と比べ、不整脈と狭心症などの頻度が比較的少ない疾患検出に役立ちます。とくに発作性上室性頻拍症、発作性心房細動・粗動、心室頻拍などの自覚症状はあるのに頻度が少なく、頻回にホルター心電図を行なってはいるものの空振りに終わり続けている患者さんの不整脈検出に使用しています。当診療所においてもループ式レコーダー※を採用しているため、短時間(一瞬)で治まってしまうような症状を呈する不整脈の診断率は高くなっています。
近年イベント心電計は軽量小型化され家庭用機器として一般販売されており、電話転送などの機能を備えるようになりました。
非ループ式レコーダー
症状を自覚し記録ボタンを押してから初めて記録が開始されるタイプ。よって短時間で経過してしまう自覚症状の検出には比較的不利となる可能性があります。
(1)CG2206(カードガードジャパン);当院採用
(2)EP202(パラマテック);当院で診療参考に適宜使用(無料)。
(3)EV50(クリニカルサプライ、フクダ電子)
(4)HCG801(オムロン)
(5)MAC1101(日本光電)
ループ式レコーダー※
患者様自身が設定を始めた時から(皮下植え込み式もありますが本邦では認可されていません)絶えず心電図監視し記録ボタンを押した前後の心電図を記録保存します。2電極を皮膚固定する必要がありますが、非ループ式レコーダーよりは一過性の不整脈検出に有効といえます。電話転送も可能なものがあります。
(1)CG6106(カードガードジャパン);当院採用
(2)皮下植え込み型ループ小心電計
※ループ式の詳細は「イベント心電図について」のページを参考にしてください。